日常的に行われている薬局のM&A

薬局業界での生き残りを図る

調剤薬局のM&Aというのは、実はかなり頻繁に行われています。 ニュース等で流れるのは大手の調剤薬局の場合が多いため、M&Aというと大手のイメージが根強くなっているのが現状です。しかし実際には、大手よりも中小企業の方が日常的に行われている件数は多いのです。というのも中小企業というのは、診療報酬の削減や薬価差益の減少などの影響を大きく受けるからと言われています。こうしたことにより利益を確保するのが難しくなり、M&Aによって薬局業界での生き残りを図るという構図が生まれてくるのです。

中小チェーン薬局は売り手市場

また、こうした経営不安が無い場合でも、調剤薬局のM&Aは日常的に行われています。こうしたM&Aの場合は、大手チェーン薬局が中小チェーン薬局を高く評価している場合に行われることが多いのです。というのも中小チェーン薬局というのは、規模が小さいというだけでその地域には根付いた大変素晴らしい薬局を持っている事も多いからです。そのため大手チェーン店の方から中小企業に対してM&Aを持ちかけ、話がまとまるというケースが多く存在します。

訪問看護ステーションのM&A

他にも大手チェーン薬局が店舗数を増やす目的で調剤薬局のM&Aを行うということも、日常的に行われていることです。しかもM&Aの対象となるのは、調剤薬局ばかりとは限りません。訪問看護ステーションなども、その対象となっているのです。そうした場合は訪問看護ステーションの近くに、調剤薬局がオープンする形になるのが一般的です。これは訪問看護ステーション側にとっても、大変メリットのあるM&Aなのです。というのも訪問看護ステーションというのは在宅医療の患者を多数抱えています。そのため調剤薬局が入ることで、この「便利さ」を増幅させる結果へと繋がるからなのです。こうした理由から訪問看護ステーションと調剤薬局のM&Aも増えてきております。