調剤薬局売却における成功のポイント

現在の日本で大きな問題になっていることの一つに、調剤薬局の問題があります。調剤薬局とは、文字通り、薬をメインに扱うところであり、その必要性を背景に急速に店舗数を増やしてきました。これからの高齢化社会を迎えるにつれ調剤薬局の需要が大きくなるのは明白な事実ということができます。しかしながら、調剤薬局においては、いろいろな課題を抱えている店舗も多いといいます。 具体的には、店主の高齢化に伴う後継者問題や店主はいるものの、一緒に働くスタッフの確保の問題などが挙げられます。調剤薬局の仕事はその需要の大きさから多忙さを増してきているといわれています。深刻な高齢化を迎え、一日に訪れる患者さんの数もかなり多いとされ、休憩を取るのもままならないという状況に陥っているという声も聞こえてきます。薬剤師の確保という点についても、より高い報酬を求める薬剤師も多く、大手の薬局に人材を奪われてしまうという厳しい状況が続いているといいます。このような中、M&Aという手段に活路を見出さそうという動きが見られます。個人経営をしている調剤薬局が大手薬局の傘下に入り、そのスケールメリットを享受して安定した経営をしていくというものです。 売却における成功のポイントは経営手法のメリットを理解し、そのメリットを経営に活かしていけるかどうかだといえます。大きなメリットとしては、人材の安定した確保があげられます。採用コストも大きく抑えられ、従業員の休日も確保することができ、盛んに言われている、ワーク・ライフ・バランスの観点からも有用であるといえます。また、後継者問題に直面する調剤薬局においては、薬局を閉めることを避けることができ、地域の人々の声に応え続けることが可能となります。近くの医療機関にとっても歓迎すべきことであります。
111