調剤薬局の今後の役割

調剤薬局の今後の役割

調剤薬局の今後の役割は、医業分担が一般的になっていくにつれて大きな役割を担います。 一般的な医療機関の薬剤師は、入院患者を専門に見ていきます。他の外来に訪れる患者は、調剤薬局が担当することになるのです。大規模な医療機関から小規模なクリニックでも院外処方せんが一般的になり、その需要は高まっています。

医療機関の薬剤師は様々な患者を同時に見ていたりと、外来の患者まで担当出来ずにいます。きめ細かな対応も出来ず、院外処方せんに切り替えられているのです。一方の調剤薬局では、処方や調剤を専門的に行えるので、きめ細やかな対応が可能です。患者さん一人ひとりと向き合い、丁寧に薬剤の説明も出来ます。患者の目を見て話すことができ、患者に安心感も与えられるのです。何でも相談出来る環境でもあり、患者が積極的に訪れることが出来る薬局作りが重要になってきます。 また医療機関と違って、様々な薬剤を取りそろえることが出来るのが魅力です。在庫管理がしっかりしているため、低価格の薬を扱うことが出来ます。低価格で高品質の薬剤を扱うと、患者の負担もグッと減ります。そのような工夫をすることで、より患者が通いやすい環境にすることも今後の役割の一つです。

最も期待される役割

そして最も期待される役割は、患者との信頼関係の形成です。処方する側される側の信頼関係がなければ、薬の指導効果が現れないのです。いくら知識や経験が豊富な薬剤師が指導しても、人間的に信頼されなければ薬の指導が患者には届かないのです。注意点や飲み合わせを説明しても、信じてもらえなかったり、心に響かないこともあります。患者の処方せんや薬の名称からその人の病気や人生も読み取り、一人ひとりと向き合うことが大切です。その人の立場や気持ちになって、指導するとその思いが通じるのです。多くの患者と接し経験を積んで、患者の気持ちが分かる薬剤師や調剤薬局になることが、今後期待される役割なのです。確かな信頼があれば、良い医療に繋がるのです。