調剤薬局M&Aのメリット

調剤薬局M&Aのメリットは、まず後継者問題を解決してくれることです。自分の子供が薬局を継げない場合にきちんと対応してくれます。なので、安心して第二の人生を楽しめます。そしてもし、M&Aではなく薬局を閉めることになった場合に働いていた従業員は路頭に迷ってしまいます。ですが薬局M&Aの場合は、薬局を存続することが可能なので、従業員をそのまま引き継ぐことができるので安心です。

次のメリットは、経営が安定することです。大きな企業の傘下に自分の薬局を入れることができるので、資金源が大きくなり経営が安定します。そして、薬局を閉めてしまう場合に比べてM&Aをしたほうが手取額が最終的に多くなります。

調剤薬局M&Aの社員にとってのメリットは、二つあります。一つ目のメリットは、人材育成として充実したプログラムを採用しているため、プロフェッショナルへスキルアップが可能です。二つ目のメリットは、地域社会から信頼された医療や介護、福祉などの必要不可欠な存在となり、活躍できる場所が広がります。次に、会社と顧客のメリットについてです。会社にとってのメリットは、系列店で一括在庫管理しているので、ムダな薬などがなり配送のコストカットが可能で、店舗同士で人材の異動が可能なので、人件費の削減につながります。そして、良い人材を確保できることも調剤薬局M&Aの魅力になります。

顧客にとってのメリットは、医療として安全で安心を確保して、積極的に最新のシステムを導入することで、正確かつスピード化が可能なんです。そのほか、地域の病院や薬局、ドラッグストアなどと拡充から多角的な事業展開ができます。このように、調剤薬局M&Aのメリットはたくさんあります。M&Aの意味は、Merger(合併)とAcquisition(買収)の頭文字をとっていて、合併は吸収された法人格を一つにすることで、買収は株式を売却することで、子会社にすることを意味しています。