協和キリン、小野、BMSの3社ががんにおける免疫療法提携契約を締結

2014年12月10日、協和発酵キリン株式会社(以下、「協和発酵キリン」)と小野薬品工業株式会社(以下、「小野薬品」)、およびブリストル・マイヤーズ・スクイブ社(以下、「BMS」)の3社が、「モガムリズマブ」と「オプジーボ(一般名「ニボルマブ」)」の日本における併用療法について、第I相臨床試験の開発提携契約を締結したと発表しました。この試験により、両剤を併用した際の安全性や忍容性、抗腫瘍作用を検討し、進行・転移した固形がん患者の新たな治療選択肢を広げる為に行なわれます。本契約に基づき執り行われる第I相臨床試験は、協和発酵キリンと小野薬品が行なうものとし、それ以外の詳細については開示しないと発表しています。

「モガムリズマブ」と「オプジーボ(一般名「ニボルマブ」)」について

モガムリズマブは、2012年5月に日本で、再発性あるいは難治性のCCR4陽性のATL(成人T細胞白血病)治療薬として発売されました。21014年5月には、再発性あるいは難治性のCCR4陽性のPTCL(末梢T細胞リンパ腫)とCTCL(皮膚T細胞性リンパ腫)への適応が追加されています。現在は、USやEUなどの国々において、ATL、PTCL、CTCLを対象に臨床試験を進めています。オプジーボは、2014年9月に日本で、根治切除不能な悪性黒色腫の治療薬として発売されました。世界各国であらゆる種類のがんを対象に50以上の臨床試験を進めています。これら2剤は、新しいクラスのがん治療薬として知られている「腫瘍免疫療法」として期待されているものです。これは、生体自身の自己免疫システムの制御によってがん細胞を取り除く療法で、モガムリズマブはがん細胞を保護している免疫細胞の抑制により、オプジーボはヒト型PD-1免疫チェックポイントの阻害により、免疫細胞ががん細胞にアタックできるようにします。これらの併用により、抗腫瘍免疫活性が向上する可能性を示唆するエビデンスが前臨床段階でみられています。

本契約に対する代表の言葉

3社の代表は、本契約について次のように述べています。協和発酵キリン(常務執行役員・研究開発本部長の佐藤洋一氏):両社との提携は自社にとって非常に光栄なことです。この併用臨床試験が、既存のがん治療よりも素晴らしい価値を生み出すことを願います。小野薬品(取締役副社長執行役員開発本部長の栗田浩氏):既存の治療薬よりも優れた治療効果が期待できる、腫瘍免疫療法の併用の可能性を、協和発酵キリンと提携することでさらに追求できることを嬉しく思います。この療法は科学的にも興味深いものであり、かつがん患者に新たな治療選択肢を与えられるものであると期待しています。BMS(腫瘍領域担当シニア・バイスプレジデント兼開発責任者のマイケル・ジョルダーノ):両社との共同開発はオプジーボの臨床開発プログラムを補強し、2剤の併用療法の理解を深めます。本提携は、腫瘍免疫併用療法を転移性がん患者の為に行なう取組みの一つです。