厚労省がインフル最新状況を発表|九州で猛威

2015年1月16日に厚生労働省健康局結核感染症課は、2015年1月5日〜1月11日(2015年第2週)分のインフルエンザ発生状況を発表しました。第2週分のインフルエンザの定点当たり報告数は33.28で、患者報告数は163,716人となり、2014/2015年シーズンで初めて定点当たり報告数が減少した前週(2015年第1週)の定点当たり報告数 21.46より増加しました。また都道府県別に見ると、定点当たり報告数が最も多かったのは宮崎県の76.42人で、以下順に、沖縄県の62.98人、熊本県の57.23人、福岡県の54.29人、長崎県の50.86人、佐賀県の46.36人、大分県の45.88人などとなっています。西日本での報告数増加が目立ち、特に九州地方でのインフルエンザが猛威を振るっている様子が目立ちました。さらに、定点当たり報告数が前週よりも増加した都道府県は全国で42都道府県にも上り、警報レベルを超えている全国の保健所地域は46都道府県の339箇所に、注意報レベルを超えているのは41都道府県の208箇所となっています。引き続き、インフルエンザへの細心の注意が必要です。

第2週の医療機関受診患者数および入院報告数

定点以外を含む全国の医療機関を受診した患者数は、およそ206万人と推定されており、前週のおよそ139万人よりもおよそ60万人の増加と推定されています。2014年第36週〜2015年第2週の累計推定受信者数はおよそ624万人にも上っています。受診患者数を年齢別に見ると、最も多かったのは20代でおよそ30万人で、以下順に、30代のおよそ28万人、40代のおよそ26万人、0〜9歳、50代、70歳以上のおよそ20万人などとなっています。第2週は冬休みを挟んだことで、10代の患者数が相対的に減少したと予想されます。休校などの特別措置を行なった施設合計数も、2014年51週の2,723をピークに、2015年第2週では32にまで減少しています。入院報告数は、1,763例で、前週の1,115例よりも増加しました。特に入院報告例が多かった年齢は、80歳以上の701例で、以下順に70代の298例、1〜9歳の271例、60代の147例、0歳の114例などとなっており、高齢者や幼児・小児では重篤化しやすい傾向があるため、特に注意が必要です。

インフルエンザウイルスについて

直近5週間で国内で検出されたインフルエンザウイルスは、AH3亜型が最も多く、以下順にB型、AH1pdm09となっています。