アステラスが米国がんセンターとオプション契約締結

2015年4月3日にアステラス製薬株式会社(以下「アステラス製薬」)は、テキサス大学MDアンダーソンがんセンター(以下「MDアンダーソン」)と急性骨髄性白血病治療薬に関するオプション契約を締結したことを発表しました。この契約では、MDアンダーソンの幹細胞移植および細胞療法を専門とするJeffrey Molldrem教授(医学博士)が発見した、ヒト化モノクローナル抗体「h8F4」の急性骨髄性白血病治療薬としての創製を目標としています。これにより、アステラス製薬は、MDアンダーソンに対して最大2,600万米ドルをオプション費用や研究・開発費用として支払う可能性があり、h8F4の急性骨髄性白血病に対するフェーズ1b試験が完了した後は、h8F4の全世界における独占的ライセンスの第一交渉権を留保する見込みです。また、このフェーズ1b試験における研究・開発は、MDアンダーソンを中心に行なうものとしており、Jeffrey Molldrem教授が主導する模様です。

各代表者のコメント

アステラス製薬の代表取締役社長である畑中好彦氏は、h8F4が急性骨髄性白血病患者に対する画期的な治療薬となりうると述べ、今後も未充足の医療ニーズを満たすような新薬開発に注力していくことを強調しました。また、このモノクローナル抗体を発見したJeffrey Molldrem教授は、既存の治療薬の毒性の可能性や予後不良について述べ、今回の契約によって、これまで切望されてきた安全で有効な治療薬を急性骨髄性白血病患者に届けられる期待を覗かせました。さらに、MDアンダーソンの社長であるRonald DePinho医学博士は、この契約締結は自社の「Moon Shots Program」の功績の1つであるとし、h8F4ががん治療に新たな解決策を与えるような有効な治療薬となるよう期待していると述べました。

h8F4について

h8F4は、主要組織適合遺伝子抗原ペプチド複合体である「PR1/HLA-A2」に特異的に結合することが認められている、ヒト化モノクローナル抗体です。PR1/HLA-A2は、一部の急性骨髄性白血病患者のがん細胞に発現するもので、h8F4が特異的に結合することで、抗がん作用を示すとされています。
111