日本イーライリリーと日本BIがインスリン製剤の承認取得を報告

2015年1月14日に日本イーライリリー株式会社(以下「日本イーライリリー」)と日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社(以下「日本BI」)は、2つのインスリン製剤、「インスリングラルギンBS注カート『リリー』」および「インスリングラルギンBS注ミリオペンR『リリー』」が、「インスリン療法が適応となる糖尿病」として製造および販売の承認を受けたことを発表しました。これらのインスリン製剤(以下「本剤」)は、インスリングラルギン(遺伝子組換え)[インスリングラルギン後続1]という一般名で知られており、日本初のバイオ後続医薬品として承認されている持効型溶解インスリンアナログ製剤です。このバイオ後続医薬品とは、先行バイオ医薬品(バイオテクノロジー応用医薬品で、すでに国内で新有効成分含有医薬品として承認されているもの)と同等かつ同質の品質や安全性などが認められた医薬品のことを言います。本剤の先行バイオ医薬品は「ランタス」で、本剤はこれと同じアミノ酸配列を持っており、食間や夜間の血糖値を持続的にコントロールします。本剤は、2014年9月に既に欧州で承認されており、今回の日本での承認にあたり、日本イーライリリーが製造販売を、日本イーライリリーと日本BIの両社で共同販促を行なっていく模様です。

日本イーライリリー代表のコメント

日本イーライリリー糖尿病・成長ホルモン事業本部長であるカディア・テペバシャ氏は、本剤が日本での製造販売に関して承認されたことに関し、日本イーライリリーと日本BIの提携にとって非常に意味があるとし、今後広く永く本剤が使用されることを期待すると述べました。尚、糖尿病領域において革新的な研究を行なっているイーライリリー・アンド・カンパニー(以下「イーライリリー」)と研究開発主導型のベーリンガーインゲルハイムは、2011年1月に糖尿病領域において提携を行なっています。

イーライリリーについて

イーライリリーは、1世紀以上前に設立され、1923年に世界初のインスリン製剤を発表し、その後も次々と高品質インスリンを製造・販売している糖尿病領域のリーディングカンパニーの一つです。日本イーライリリーは、今年で40年目となるイーライリリー子会社であり、統合失調症や注意欠如・多動症(AD/HD)から各種のがんや糖尿病などまでさまざまな分野の治療薬を日本に提供しています。