JMS社が医療用レーザ血流計販売開始を発表

2014年12月17日に株式会社ジェイ・エム・エス(以下、「JMS社」)の代表取締役社長の奥窪宏章氏は、医療用レーザ血流計の販売を2015年1月から開始すると発表しました。この血流計はポケットサイズであることから、「ポケットLDF(Laser Doppler Flowmetry)」の名前で販売することが決まっており、世界最小・最軽量(2014年12月17日時点、パイオニア調べ)となっています。レーザ光によって血管内の血流量を測定することが出来るので、生体を傷つけることなく検査が可能です。患者の手や足などの身体の表面にセンサーを接触させるほか、センサー部分に取り付けたクリップで手や足の指や耳たぶをはさむことでも、血流量の測定が可能とのことです。Bluetooth(無線機能)が付いており、ケーブルが不要なことと、世界最小のポケットサイズであることから、医療現場での使用において非常に自由度が高いと考えられており、医療現場における血流量測定の可能性を広げるものとしています。

「ポケットLDF」について

「ポケットLDF」は、「非侵襲小型血流センサー素子」の技術を応用して作られたもので、この技術はパイオニア株式会社によって開発されたものです。その名の通り、片手に収まる程度のポケットサイズで、持ち運びが容易です。また、センサー部分による血流量測定と、取り外し可能なクリップによる測定のいずれも可能であることが、医療現場での自由度を高めています。さらに、機器状態や血流量がはっきりと分かる、視認性の良さを売りにしており、医療現場でのミスなどが起こりにくい仕様となっています。そして、Bluetoothによって測定したデータをすぐにパソコンに送信可能なので、医師などの医療従事者が患者の状態を管理するのに非常に便利です。

「ポケットLDF」発売に関して

医療現場で、生命維持に関わる重要なデータとして日常的に測定されているバイタルサインには、体温や脈拍、血圧などがあります。微小循環における血流量は、このバイタルサインと同程度重要な生体情報であることが認知されてきています。JMS社は、「ポケットLDF」のような高い品質の製品を医療現場へ届けることによって、人と医療に貢献する方針であることを、この発表の最後に述べました。