バイタルKSKが宮城物流センターの業務開始を発表

2015年1月6日に株式会社バイタルケーエスケー・ホールディングス(以下「バイタルKSK」)は、子会社の株式会社バイタルネット(医薬品卸売事業会社)が「宮城物流センター」を竣工し、6日より出荷を始めたことを発表しました。この宮城物流センターは、東日本エリアでの医薬品流通の地域インフラとして作られたもので、東日本大震災などの際の災害時対応ノウハウの継承や、医薬品取扱高の更なる伸長、コールドチェーンマネジメントへの対応などの目的で建設されました。宮城物流センターの業務開始に伴い、名取物流センターは44年間の地域物流拠点としての歴史に終止符を打ち、その機能は宮城物流センターに移行します。名取物流センターが築きあげた物流ネットワーク網に、宮城物流センターの強固さと柔軟さを併せることで、これまで以上に高品質かつ低コストな物流サービスが可能となる見込みです。

宮城物流センターについて

宮城物流センターは宮城県黒川郡大和町に建築され、敷地面積およそ1万5千坪、建築面積およそ4,500坪、延床面積およそ9,400坪という広さで、取り扱い品目は3万にも上ります。東北、関東の東日本エリアをカバーしており、1年あたり3,000億円の出荷が可能です。宮城物流センターの建設に当たり、総額およそ65億8千万円の費用がかけられました。

宮城物流センターの特徴

東日本大震災などの災害経験を活かした、万全の災害対策が大きな特徴で、災害時にも事業が継続できるよう全ての保管エリアにトラックが直接乗り入れできるように設計されています。この「デュアルトラックバース」設計は業界初です。また、建物自体も強固な岩盤層の上に、官公庁レベルの耐震強度を備えたものを建築し、停電時も主要設備を72時間稼動できる大型非常用発電機も設置しています。さらに、災害ノウハウにより、作業工程の自動化設備を極限まで排除した仕組みとなっています。他にも、環境変化に柔軟に対応できる用途変更可能な387坪の大空間、複数の配送先の商品を同時にピッキングできる新開発の「マルチピッキングカート」システム、コールセンター機能の併設お客様センターへの集約、ICカードや24時間監視体制による万全のセキュリティ、太陽光発電システム導入など、様々な特徴を兼ね備えた安全かつフレキシブルで非常に機能的な物流センターとなっています。
111