テルモとオリンパス、米国での販売提携を拡大

2015年4月6日にテルモ株式会社(以下「テルモ」)とオリンパス株式会社(以下「オリンパス」)は、米国での医療用カテーテル製品について、業務提携を拡大することを発表しました。この業務提携拡大では、これまでに提携の核をなしていた消化器領域におけるさらなる品種の拡充機会の開拓、および、テルモとオリンパス間で初めての米国での泌尿器領域における販売提携を行なう模様です。これまでにも両社は共同でガイドワイヤーの開発・販売を2009年より行なってきました。そして、今回の提携では、米国をはじめとする世界の内視鏡において高いシェアを誇るオリンパスと、米国において広い支持を得ているガイドワイヤーを製造しているテルモが、両社の強みを活かして、世界における最大の医療機器市場を誇る米国における成長を図るものです。これにより、テルモはオリンパスの消化器や泌尿器領域の強みに関する恩恵を享受し、オリンパスは自社の製品ラインナップの中にテルモのガイドワイヤーを含めることができるとしています。ここで言うオリンパスの強みとは、米国におけるプレゼンスおよびマーケティングを指しています。また、提携により研究開発などを推進していくことで、既存の治療方法を改善することや、低侵襲手術を普及させていくことを目標としています。

今回の提携拡大の詳細

今回の提携拡大で、テルモは、自社の米国子会社であるテルモ・メディカル・コーポレーションを通じて、オリンパスの米国子会社であるオリンパス・アメリカ・インクへ、自社で製造しているガイドワイヤーを供給することとしています。米国におけるガイドワイヤーをはじめとするテルモ製品の販売は、オリンパス・アメリカ・インクが泌尿器および内視鏡領域で2015年5月より順次行なうものとしており、これによってテルモの2016年度の売上見込みは10億円規模となると予想されています。

提携に係る各社の補足

心臓・末梢血管、脳血管分野のカテーテル製品の米国における販売については、これまで通り、テルモ単独で続けるものとしています。また、オリンパスは、この提携と同時に消化器領域の強化を行なう見込みです。