ヴィーブ社が新規HIV治療薬を国内申請

2014年12月15日にヴィーブヘルスケア株式会社(以下「ヴィーブ社」)は、新規HIV治療薬を日本の厚生労働省に、HIV感染症の効果・効能で承認申請を行なったと発表しました。この新規治療薬は、アバカビル硫酸塩・ドルテグラビルナトリウム・ラミブジンの配合剤で、ヴィーブ社初の1日1回1錠タイプの製剤です。本剤に含まれているアバカビルとラミブジンは、ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬の成分であり、ドルテグラビルはインテグラーゼ阻害薬の成分です。本剤は、2014年8月にアメリカ合衆国で、同年9月に欧州で、HIV感染症治療薬として認可され、「Triumeq」という製品名で販売されています。またアバカビルは、単剤として「ザイアジェン」という製品名で1999年9月に承認済み、ラミブジンは、単剤として「エピビル」という製品名で1997年2月に承認済みで、これらの配合剤である「エプジコム」は2004年12月に承認済みです。ドルテグラビルは、単剤として「Tivicay」という製品名で2013年8月にアメリカで、2014年1月に欧州で承認されており、日本では「テビケイ」という製品名で2014年3月24日に承認され、2014年4月17日より販売されています。

本剤の日本での申請に関するヴィーブ社長のコメント

ヴィーブ社の入山博久社長は、今回の申請について次のようなコメントをしています。「ヴィーブ社のミッションは、HIVと生きる人々と治療薬とのアクセスを改善し続けることです。現在の日本において、新規HIV治療薬を申請することは、このミッション達成への大きな一歩です。大きく進歩してきたHIV治療薬ではありますが、まだまだ満たされていない医学的ニーズは存在しています。この新規治療薬が、既存薬には出来なかった治療上の課題克服を、叶えるような「新たなオプション」となるよう、信じています。」

ヴィーブ社について

ヴィーブ社は、イギリスのグラクソ・スミスクラインおよびアメリカのファイザーが、2009年11月に共同設立した、HIV治療薬に特化した会社です。2012年10月には、日本の塩野義製薬株式会社が株主の中の1つとなっています。
111