帝人・大阪医大・福井経編、新規心臓修復パッチの共同開発に着手

2014年12月11日に、帝人株式会社(以下「帝人」)と学校法人大阪医科大学(以下「大阪医大」)と、福井経編興業株式会社(以下「福井経編」)は、新しい心臓修復パッチの開発への共同着手を行なうことを発表しました。この開発は、経済産業省が2014年度の医工連携事業化推進事業として採択したもので、「自己組織に置換され、伸長する心臓修復パッチの開発」というプロジェクトとして動き出しています。この医工連携事業化推進事業では、我が国の誇りである「ものづくり技術」を、医療現場が抱えている問題・課題に応えるような医療機器の開発や実用化に、取り入れ活かすことによって、医療の質の向上はもちろんのこと、医療機器産業の活性化も同時に目指すというものです。本事業は、2010年度より実施されていた「課題解決型医療機器等開発事業」を受けて始まったもので、2014年度より行なわれています。今回の3者による医工連携事業化推進事業では、長い年月をかけて福井経編が世界最高レベルで培ってきた「経編技術」と、帝人の「ポリマーに関する知見・技術」とを、大阪医大がこれまでに多数の心臓血管手術を執り行った上で結論に達した「心臓パッチの理想像」に活かすことによって、これまでにはない、強度と伸張性を兼ね備えた「心臓修復パッチ」を開発しようとしています。

理想の心臓修復パッチとは?

心臓修復パッチは、組織が欠損していたり狭窄している場合に補填や拡大などの修復処理を行なう為の心臓血管手術にあたって、一般的に広く使われているものです。このパッチの原料には、ポリ四フッ化エチレンという非吸収性ポリマーや、生物由来原料(ウシ、ウマなど)が使われています。しかし、ポリ四フッ化エチレン原料の心臓修復パッチは、伸縮性に限界があり、心臓の動きや成長に追いつかず、再手術が必要となるなどの課題を抱えています。また、生物由来原料のパッチでは、滅菌処理や保存などに関する取扱い・安全性についての課題や、手術後、長期間経過すると品質が劣化するという問題を抱えています。そこで、今回開発しようとする心臓修復パッチでは、生体吸収性ポリマー糸と非生体吸収性ポリマー糸を組み合わせることとしました。これにより、強度と伸張性が兼ね備えられ、理想的な心臓パッチとなる模様です。

3者が目指す姿について

帝人・大阪医大・福井経編は、今回の共同開発事業にあたり、世界最高水準の「ものづくり技術」と研究活動を合わせることで、現在課題・問題を抱えている小児心臓手術治療の進歩に貢献し、ひいてはグローバルな医療材料の開発や提供を行なえるような姿を目指しています。
111