サノフィが東大との共同研究を発表、免疫制御分子を標的とした新規治療薬創出へ

2015年3月10日にサノフィ株式会社(以下「サノフィ」)は、東京大学と2件の新規治療薬に関する共同研究を行なう契約を締結したことを発表しました。これらの共同研究では、炎症性疾患については東京大学生産技術研究所 炎症・免疫制御学社会連携研究部門と共に「炎症性疾患の免疫制御分子」を標的とした薬剤を、がん領域については東京大学医科学研究所 外科・臓器細胞工学分野と共に「肝臓がんおよびその他のがんの免疫制御分子」を標的とした薬剤を作ることを目的としています。当契約では、基礎研究から臨床開発段階へと移行させるのに必要な基礎データの構築を東京大学が行なうことを、サノフィがサポートすることで、炎症性疾患およびがん領域における新規分子標的薬を作り出そうとしています。

2件の共同研究について

炎症性疾患の新規治療薬における共同研究は、谷口維紹特任教授とともに、有効な治療法が未だ確立されていない、感染などが原因の敗血症などの急性炎症性疾患およびウイルス感染による慢性炎症性肝疾患を対象とし、炎症性疾患の免疫制御分子を標的とした新規治療薬を創出します。また、がん領域の新規治療薬における共同研究は、田原秀晃教授とともに、炎症による肝臓の線維化や、肝硬変の進行による肝臓がん、およびその他のがんを対象とし、肝臓がんおよびその他のがんの免疫制御分子を標的とした新規治療薬を創出します。

サノフィ・東京大学の各代表コメント

サノフィ研究開発部門 創薬推進部のジェフリー・エンスィーナス部長は、日本はもちろんのこと東アジアでは、ウイルス性感染症や繊維化疾患、がんなどの肝臓疾患の患者数が欧米よりも多いことが問題であるとし、革新的な医科学研究を効果的な治療薬へと還元していくサノフィの創薬についての知見と、日本の最先端研究機関である東京大学のた医科学研究力とを併せることで、日本はもちろん世界における未充足の医療ニーズを満たせるような、炎症疾患領域、およびがん領域における先進的な医薬品の開発を行うと述べました。また谷口特任教授は、これまでの研究で明らかとなっている免疫反応促進作用を阻害する核酸化合物についての有効性を、サノフィとの共同研究において明らかとし、さらに有効な核酸化合物を創出し、有効な治療薬が確立されてない疾患の新規治療法の早期実現化を目指すと述べました。さらに田原教授は、サノフィとの共同研究において、肝臓がんなどの腫瘍細胞に対する免疫反応を抑制する分子の発現などについて詳しく調べると共に、この分子の抗腫瘍効果を確認し、さらに有効な新規分子標的薬を創出し、有効な治療薬が確立されてないがん種の新規治療法を実現したいと述べました。
111