厚労省がインフル発生状況を発表、47都道府県で減少

2015年3月6日に厚生労働省健康局結核感染症課は、2015年第9週(2015年2月23日〜2015年3月1日)分のインフルエンザの発生状況を発表しました。当発表によると、定点医療機関当たりの定点報告数は5.88で、患者報告数は29,059人となり、前週よりも定点報告数は2.38低く、患者報告数は11,758人減少しました。2014-2015年度において定点報告数39.42を記録した第4週(2015年1月19日〜1月25日)をピークとして、5週連続で減少しています。定点報告数を都道府県別に見ると、多い順に14.15(前週比:▲3.06)の高知県、10.81(▲8.88)の福井県、10.38(▲3.01)の新潟県、9.50(▲4.72)の大分県、9.48(▲3.01)の岩手県、9.48(▲2.33)の秋田県、9.39(▲1.44)の北海道となりました。第9週の定点報告数から推測した、定点以外を含む全国の医療機関を訪れた患者数は、およそ30万人で、前週よりもおよそ12万人ほど減少しました。尚、全47都道府県において、定点報告数は前週よりも減少したとのことです。また、警報レベルを超えていた全国の保健所地域は、1道25県の63箇所で、注意報レベルを超えていたのは1道1府10県の19箇所でした。インフルエンザ患者の全国約500ヵ所の基幹医療機関当たりの入院報告数は、前週よりも89例少ない313例でした。

年齢別に見た第9週のインフル状況

年齢別に見たインフルエンザ患者数では、最も多いのが0〜9歳のおよそ9万人で、次いで10代のおよそ6万人、そして30代・40代・70歳以上のおよそ3万人の順になっています。また、年齢別に見たインフルエンザ入院患者の基幹定点報告数は、多い順に、80歳以上(130例)、0〜9歳(73例)、70代(51例)、60代(28例)、50代(12例)、10代(7例)、40代(5例)、30代(4例)、20代(3例)となりました。

国内のインフルエンザウイルス検出状況

国内で検出されたインフルエンザウイルスは、2015年第5週〜第9週においてAH3亜型のものが最も多く、次いでB型、AH1pdm09となっています。
111