厚労省がインフル流行状況発表、岩手県が最多

2014年12月12日に厚生労働省健康局結核感染症課は、2014年第49週(2014年12月1日~2014年12月7日)におけるインフルエンザの発生状況についてとりまとめたものを発表しました。発表によると、2014/2015年シーズンでは、2014年第42週(10月13日~10月19日)以降よりインフルエンザ報告数が増加の一途を辿っているとの事です。2014年第49週の報告数は17,192で、定点当たりでは3.49でした。前週の定点当たりは1.90で、さらに急増しているのが分かります。都道府県ごとに見ると、定点当たりの報告は、岩手県、埼玉県、福島県、神奈川県、東京都、北海道、千葉県、奈良県、京都府、長野県の順に多くなっており、最大の岩手県では定点あたり11.55、報告数は739となっています。岩手県では、第46週から第47週の間に定点当たりが0.84から6.20へと急増し、その後も急増し続けている状況です。定点医療機関の報告によると、定点以外の全国の医療機関への受診も含めた、第49週のインフルエンザ患者数はおよそ16万人にも上ると考えられており、前週のおよそ10万人を大きく越えました。2014年第36週(9月1日~9月7日)から現在までの累積推計受診者数は、およそ35万人に上っています。

年齢別に見たインフル患者

インフルエンザ患者を年齢別に見ると、10~14歳がおよそ5万人、5~9歳がおよそ4万人と最も多く、小中学校でのインフルエンザの流行が深刻化していることが浮き彫りとなっています。基幹定点によるインフルエンザ患者入院数報告によると、前週に比べ53例増加し112例となったとのことです。年齢別の入院患者数は1~9歳の41例が最多で、次は80歳以上の28例、70代の14例、10代の10例の順となっています。幼児・小児や高齢者のインフルエンザ患者は重症化しやすく、注意が必要ということが分かります。中には、入院時にICU入室などの状況だった患者もいました。

検出インフルウイルスについて

直近5週間で検出されたインフルエンザウイルスは、AH3亜型が最も多く、B型、AH1pdm09と続くことが明らかとなりました。AH3亜型は、いわゆる香港型といわれるものです。ウイルスの型によって感染しやすい年齢層が多少異なるものの、今期の流行インフルエンザに対し、全ての年齢層の注意が必要と、厚労省は呼びかけています。