JTと鳥居が新規抗HIV薬の国内の販売権を取得

2015年3月2日に日本たばこ産業株式会社(以下「JT」)が新規抗HIV薬2品の製造販売承認を取得し、鳥居薬品株式会社(以下「鳥居薬品」)がこの薬剤の日本国内における独占的販売権を保有する契約を締結しました。この新規抗HIV薬2品は、ギリアド・サイエンシズ社(以下「ギリアド社」)が創製したもので、「tenofovir alafenamide(核酸系逆転写酵素阻害剤。以下「TAF」)を含有しています。JTは、ギリアド社より当薬剤の日本国内での独占的開発・商業化権を取得していました。現在、鳥居薬品より販売されている抗HIV薬には、「ビラセプト錠250mg」「エムトリバカプセル200mg」「スタリビルド配合錠」「ビリアード錠300mg」「ツルバダ配合錠」があります。JTグループは、今回新たに加わった新規抗HIV薬2品の承認・販売が決定すれば、HIV感染症領域医療へさらに貢献出来るだろうとしています。

新規抗HIV薬2品について

今回、製造販売契約を締結したTAFを含む新規抗HIV薬2品は、「エルビテグラビル/コビシスタット/エムトリシタビン/TAF 配合錠」(以下「E/C/F/TAF」)および、「エムトリシタビン/TAF配合錠」(以下「F/TAF」)です。E/C/F/TAFは、2013年より鳥居薬品が販売を開始している抗HIV薬「スタリビルド配合錠」の有効成分の、テノホビルジソプロキシルフマル酸塩(以下「TDF」)300mgをTAF 10mgに置き換えた配合錠です。ギリアド社が行なった第?相臨床試験では、「スタリビルド配合錠」と同等の高い有効性と忍容性が、臓と骨に関しては「スタリビルド配合錠」よりも有意に優れていることが、認められています。また、F/TAFは、「ツルバダ配合錠」の有効成分の、TDFをTAFに置き換えたものです。現在、ギリアド社による第?相臨床試験が行なわれているところで、米国・欧州での申請は2015年第2四半期となる見込みです。この承認が完了し次第、日本国内における製造販売承認申請をJTが行ないます。

TAFについて

TAFは、TDFと同じテノホビルのプロドラッグで、TDFの1/10以下の投与量で高い抗ウイルス効果を示します。また、TDFよりも腎臓や骨への影響が少ないとされています。
111