参天製薬が防腐剤無添加の緑内障・高眼圧症治療剤「コソプトミニ」承認取得

2015年3月12日に参天製薬株式会社(以下「参天製薬」)は、緑内障・高眼圧症治療剤「コソプトミニ配合点眼液」が3月10日付けで製造販売承認を受けたことを発表しました。「コソプトミニ配合点眼液」は、一般名をドルゾラミド塩酸塩/チモロールマレイン酸塩といい、炭酸脱水素酵素阻害剤「トルソプト点眼液 1%(一般名:ドルゾラミド塩酸塩)」と、β遮断剤「チモプトール点眼液 0.5%(一般名:チモロールマレイン酸塩)」を配合した点眼薬で、米メルク社の日本法人MSD株式会社が2010年4月にが製造販売承認を取得し、同年6月から参天製薬が販売を行なってきた「コソプト配合点眼液」の、1回使いきり無菌ディスポーザブルタイプ容器入りのタイプです。このため、防腐剤を含まない仕様になっています。尚、「コソプト配合点眼液」の製造販売権は2014年8月に米メルク社より参天製薬に移されており、現在では販売や情報提供活動を参天製薬が行なっています。

緑内障と点眼薬の防腐剤について

緑内障は、眼疾患による視力低下や失明などの視覚障害のメジャーな原因の一つで、眼圧の上昇などが原因で視神経が障害され、視野欠損が進行します。この視神経障害や視野欠損は、基本的に非可逆的な進行性を持つため、長期にわたっての点眼薬などによる眼圧調整やコントロールが必要となってきます。この長期にわたる治療によって、患者の中には点眼薬の中の防腐剤であるベンザルコニウム塩化物などに過敏症を示す者が出てきます。このため、過敏症を示すようになってしまった緑内障患者や重度の角結膜上皮障害を持つような患者には、ベンザルコニウム塩化物などのような防腐剤を添加しない点眼薬が求められていました。そこで参天製薬は、1回使いきり無菌ディスポーザブルタイプ容器を用いることで、防腐剤無添加の「コソプトミニ配合点眼液」を開発するに至ったのです。

「コソプトミニ配合点眼液」について

「コソプトミニ配合点眼液」は、ドルゾラミド 1%とチモロール 0.5%を「コソプト配合点眼液」と同量含有している、緑内障・高眼圧症治療剤です。緑内障・高眼圧症の疾患患者が、他の緑内障治療薬では効果が十分に現れなかった場合に、当点眼薬を用いることとされており、1日2回、1回1滴を点眼するものとしています。