武田薬品と米イムノジェン社、新規抗がん剤に繋がるADC技術で提携

2015年3月24日に武田薬品工業株式会社(以下「武田薬品」)は、米イムノジェン社とイムノジェン社の技術である抗体薬物複合体(ADC)についての契約を締結したことを発表しました。このため、武田薬品はイムノジェン社に対して、2,000万米ドルの契約一時金および、最大21,000万米ドルの各抗体ターゲットに対するマイルストンを支払います。また、ADC製品の販売後は、販売額に応じたロイヤルティを武田薬品がイムノジェン社に支払うこととなっており、ADC化合物の開発・製造・販売は武田薬品が行うとしています。この契約は、武田薬品の100%子会社である米国バイオ医薬品会社の「ミレニアム社」を通じて締結しており、これによって武田薬品は、ADC技術の独占的な使用が可能となります。また、ADC技術は、イムノジェン社ががん治療薬開発のために使用しているもので、この契約ではイムノジェン社が持つ新たなペイロード(がん細胞を攻撃する化合物)も武田薬品が使用できることとなっています。武田薬品は、このADC技術および新規ペイロードを利用して、抗体の標的となる最大2つのがん(未公開)についての抗がん剤開発を行なう見込みです。さらに追加一時金の支払いを行なえば、3つ目の標的となるがんについての抗がん剤を開発する権利を得られるようなオプション権利も、今回の契約において獲得しています。尚、この契約によって武田薬品の2014年度業績見込およびイムノジェン社の2015年度業績見込を変更することはないとのことです。

本契約についての両社代表のコメント

武田薬品オンコロジーDDU HeadのChristopher Claiborne博士は、イムノジェン社のADC技術を自社の研究開発プログラムに活用することによって、がん領域のアンメット・ニーズに応えるような新規治療薬の開発が可能になると述べました。また、イムノジェン社の社長兼CEOのDaniel Junius氏は、抗がん剤治療における自社のポリシーを共有できる武田薬品と共に、新規ADC製品の開発を行なえることを楽しみにしていると述べました。

ADC技術について

ADCは、モノクローナル抗体とペイロードからなる複合体で、抗体がターゲットとなる特定のがん細胞にペイロードを運び、ペイロードががん細胞を死滅させます。標的指向性抗体を用いている為、これまでの化学療法よりも強力です。