アンジェスMGがエボラ出血熱抗血清製剤の国内開発を開始

2015年1月14日にアンジェスMG株式会社(アンジェスMG)は、エボラ出血熱対策用の抗血清製剤を開発することを発表しました。この抗血清製剤は、遺伝子治療技術を応用し、エボラ出血熱ウイルスのタンパク質をコードするDNAワクチンを馬に接種し、得られた抗体を精製したものを有効成分とする医薬品です。このように、病原ウイルス(エボラ出血熱ウイルス)を扱うことなく治療薬を製造できるDNAワクチン技術により、安全かつ短期間での製造が可能となります。緊急に対策が望まれているエボラ出血熱に対し、理にかなった治療薬製造方法といえます。この抗血清製剤開発にあたり、アンジェスMGは米国のVical Incorporated(以下「米Vical社」)と日本国内での独占開発販売に係る契約を締結しています。また、DNAワクチンの製造は米Vical社が行なうものとし、2015年12月期第1四半期に抗血清製剤実現に向けた予備試験を行なう予定です。尚、今回の契約締結や開発開始に伴う2015年12月期業績への影響はほとんどないとしており、2015年12月期通期業績予想に関しては2015年2月に開催予定の決算発表時に明らかにするとしています。

アンジェスMG代表のコメント

アンジェスMG代表取締役社長の山田英氏は、抗血清製剤について、これまでにも破傷風やジフテリア等に対しての実績があることや、エボラ出血熱回復患者の血清投与がエボラ出血熱治療に試されていることを例に挙げ、抗血清剤のエボラ出血熱治療薬としての可能性を期待すると述べました。また、今回開発する抗血清製剤の位置づけを緊急対策用の医薬品と想定し、罹患者の治療用や感染リスクの高い医療従事者の携帯用などになるだろうと述べています。さらに、今後の開発計画に関しては、まずは予備的な試験を行なった上、詳細については確定しだい順次公表するものとしました。

抗血清製剤について

抗血清製剤は、病原体や毒素を投与して患者自身に抗体を作らせることで感染予防を行なうワクチン療法に対し、既に馬などの動物に作らせた抗体を、免疫を持たない患者に投与することで、患者の病態の重篤化を防ぐものです。この抗体は、病原体などを投与された動物の血清を精製することで得られます。
111