エーザイと味の素が「リーバミン」の比での発売を発表

2015年1月26日、エーザイ株式会社(以下「エーザイ」)と味の素製薬株式会社(以下「味の素製薬」)は、フィリピンで分岐鎖アミノ酸製剤「リーバミン」(日本国内製品名「リーバクト配合顆粒」)を新たに発売したと発表しました。リーバミンは、3つのアミノ酸イソロイシン、ロイシン、バリンを顆粒状にしたもので、味の素製薬が製造販売権を持っています。2009年2月にエーザイは、味の素とリーバミンのアジア諸国での販売権に関する契約を結び、フィリピン、香港、中国、マカオにて独占的販売権を取得しています。2014年4月にはエーザイの子会社であるHI-Eisai Pharmaceutical Inc.が「食事摂取量が十分にもかかわらず低アルブミン血症を呈する非代償性肝硬変患者の低アルブミン血症の改善」での適応としてフィリピンで承認を受けています。また、リーバミンは2014年6月に、香港でも承認を取得しており、「LIVACTR Granules」という製品名で2014年度中の発売を予定しているとのことです。さらに現在、中国で承認取得の為の臨床試験を行なっていることを明らかにしました。

「リーバミン」について

リーバミンは非代償性肝硬変患者の血清アルブミン値を改善する薬剤です。非代償性肝硬変によって引き起こされる主な症状に、肝硬変の進行により現れる低アルブミン血症があり、この低アルブミン血症は低栄養状態や代謝障害が原因と言われています。リーバミンは血清アルブミン値を改善することで、この低アルブミン血症を改善しようとするものです。慢性肝炎が進行すると、肝臓が繊維化し組織が硬化します。これにより肝臓が正常な機能を果たせなくなる状態を、肝硬変といい、一部の機能は働かないが、明らかな症状が見られないような時期を代償期、肝硬変の進行によりさらに機能が低下し、様々な症状が現れる時期を非代償期といいます。非代償期には、黄疸や全身倦怠感、腹水、浮腫、脳症などが見られ、低アルブミン血症もここでみられるものです。

フィリピンでの新発売について

2015年1月25日時点で、フィリピンにはおよそ127,000人の肝硬変患者がおり、2010年にはおよそ9,200人の肝硬変患者が死亡しています。このように、フィリピンにおいて、肝硬変は医療上の大きな課題となっていることを受け、エーザイおよび味の素製薬は、フィリピンにリーバミンを届けることで肝臓疾患患者のQOL改善とベネフィット向上に貢献するとしています。