東京医歯大グループ、「Mincle」がメタボの原因でもある「脂肪細胞の繊維化」の鍵 であると発見

英国時間の2014年9月19日に英国科学誌「Nature Communications」に日本の東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 菅波 孝祥 特任教授らのグループが「肥満脂肪組織の線維化におけるMincleの役割」(原題“Macrophage-inducible C-type lectin underlies obesity-induced adipose tissue fibrosis”)という論文を発表しました。ここでは、結核菌などを認識する病原体センサーである「Mincle」(Macrophage-inducible C-type lectin)が脂肪組織の繊維化の促進因子であることを突き止め、このことが肝脂肪などの異所性脂肪の蓄積に大きく関与していることが明らかとなりました。今後は、実際に体内でMincleを活性化させている未知の因子を特定し、この働きを妨げることでメタボリックシンドロームの新たな治療方法が開発されることが期待されます。

研究の背景

近年、食生活などが欧米化したことにより日本でも社会問題となっているメタボリックシンドロームでは、内臓脂肪の蓄積のほか、糖代謝異常・血圧上昇・脂質代謝異常などがみられ、心臓病や脳卒中などの重篤な疾患の発症を促進するおそれがあるとされています。また、脂肪細胞には2つの役割があり、一つは「代謝臓器」として余剰エネルギーを中性脂肪として貯蔵しておくこと、もう一つは「内分泌臓器」として特定のホルモンを産生することです。肥満により細胞死に陥った脂肪細胞の周りには、「炎症促進性M1マクロファージ」が集まりCLSを形成します。このためにCLS内部では脂肪細胞の慢性炎症が引き起こされ、その結果として脂肪細胞は繊維化され、「内分泌臓器」としての機能が妨げられて、メタボリックシンドロームが引き起こされることが分っています。しかし、この脂肪組織の慢性炎症が脂肪の蓄積に与える影響はいまだ謎のままでした。

今回の研究の詳細

今回の研究で菅波氏らは、肥満マウスの脂肪組織で高発現することが分っているMincleの発現箇所を詳しく調べた結果、内臓脂肪組織に多く見られ、特に炎症促進性M1マクロファージに選択的にみられることが分りました。その後、Mincle欠損マウスと野生型マウスを過栄養状態として肥満にし比較したところ、Mincle欠損マウスではCLS形成が少なく、組織の線維化も減少しており、脂肪蓄積能が増加し、それに伴い肝臓の脂肪蓄積は顕著に抑制されました。さらに、マクロファージにMincleを活性化させる物質(結核菌由来糖脂質;TDM)を投与して培養した結果、組織線維化に関与する遺伝子群が高発現しました。また、肥満でないマウスの脂肪組織にTDMを直接投与した結果、CLS形成および組織の線維化が認められました。以上の事から、Mincleが欠損すると、脂肪組織の慢性炎症が抑えられ異所性脂肪蓄積が改善されること、マクロファージにおけるMincle活性化のみでも、組織の線維化は引き起こされることが明らかとなりました。
111