味の素/キッセイ 潰瘍性大腸炎治療薬2剤の共同開発・販売契約を締結

2015年3月31日に味の素製薬株式会社(以下「味の素製薬」)とキッセイ薬品工業株式会社(以下「キッセイ薬品」)は、潰瘍性大腸炎治療薬「AJM300」および「AJG511」について、国内での共同開発・販売に関する契約を締結したことを発表しました。これら2剤はいずれも味の素製薬が開発中の潰瘍性大腸炎治療薬で、AJM300は経口α4インテグリン阻害剤、AJG511はブデソニド注腸フォーム製剤です。現在、これらの薬剤は第3相臨床試験を行なっているところであり、これらが承認されれば、日本における潰瘍性大腸炎患者に新たな治療選択肢を与えることが可能です。今回の契約締結は、味の素製薬の「消化器疾患領域において患者のQOL向上を目指す」という意向と、キッセイ薬品のポートフォリオ戦略が一致した為に行われたもので、両社は、この共同開発・販売によって、新しい作用機序を有するような薬剤で多くの潰瘍性大腸炎患者の治療選択肢を増やし、QOLを向上させたいと意欲を見せています。味の素製薬とキッセイ薬品は、これら2剤の開発を共同で行うものとし、味の素製薬が製造販売承認を取得する見込みで、承認取得後は共同で販売を行い、商品名は同一のものとする見込みです。

AJM300について

AJM300は、新たな作用機序を持つ、味の素製薬が独自に開発した経口α4インテグリン阻害剤です。現在、一般的な潰瘍性大腸炎治療には5-アミノサリチル酸製剤もしくはステロイド製剤が用いられていますが、潰瘍性大腸炎はその原因の特定が難しく、これらの薬剤でも十分な効果が見られない場合もしばしばあり、治療薬が十分に揃っていない状況です。こういった既存の治療薬で効果が得られない患者にとっての新たな治療選択肢となる可能性を持つAJM300は、炎症部位への過剰な過剰なリンパ球浸潤の抑制といった新規作用機序によって潰瘍性大腸炎を治療するもので、現在行なわれている第3相臨床試験では、世界で初めて経口α4インテグリン阻害剤としての有効性が確認されています。

AJG511について

AJG511は、ドイツのドクター・ファルク・ファーマ社から味の素製薬が導入したブデソニド注腸フォーム製剤です。日本初となる有効成分に局所作用型ステロイドである「ブデソニド」を含む泡状の注腸製剤で、全身性の副作用の軽減、患部への薬剤のスムーズな到達、および投与後の薬剤漏れ低減が期待されています。当薬剤は、既に欧州において販売されており、処方数が増えていることから、承認後の日本における新たな治療選択肢となることが期待されています。
111