調剤薬局の今後の役割 調剤薬局の今後の役割は、医業分担が一般的になっていくにつれて大きな役割を担います。 一般的な医療機関の薬剤師は、入院患者を専門に見ていきます。他の外来に訪れる患者は、調剤薬局が担当することになるのです。大規模な医療機関から小規模なクリニックでも院外処方せんが一般的になり、その需要は高まっています。 医療機関の薬剤師は様々な患者を同時に見ていたりと、外来の患者まで担当出来ずにい・・・
調剤薬局の今後の役割の続きを読む⇒

 
仲介アドバイザーを選ぶことの重要性 M&Aに関する業務は、さまざまな仲介アドバイザーが行なっています。M&Aとは、Mergers and Acquistionsの頭文字をとったもので、企業の合併買収のことです。銀行や証券会社、税理士事務所、M&A仲介会社などが行なっていますが、それぞれに特徴があるため、ご自分の調剤薬局にあった仲介アドバイザーを選ぶことが重要です。ここでは、仲介会社の見分け方につい・・・
M&A仲介会社の見分け方の続きを読む⇒

 
薬局業界での生き残りを図る 調剤薬局のM&Aというのは、実はかなり頻繁に行われています。 ニュース等で流れるのは大手の調剤薬局の場合が多いため、M&Aというと大手のイメージが根強くなっているのが現状です。しかし実際には、大手よりも中小企業の方が日常的に行われている件数は多いのです。というのも中小企業というのは、診療報酬の削減や薬価差益の減少などの影響を大きく受けるからと言われています。こうしたこと・・・
日常的に行われている薬局のM&Aの続きを読む⇒

 
仲介アドバイザーへ相談しよう M&Aを行うべきかどうかについて、調剤薬局の経営者が決断することから、すべてが始まります。M&Aとは、企業の合併買収のことです。売買することを決断した場合には、M&Aを取り扱う会社に依頼して仲介アドバイザーに相談されることをおすすめします。通常であれば、ほかの仲介アドバイザーの交渉の禁止・譲受企業との直接交渉の禁止・成功報酬体系などが盛り込まれた契約書を最初に結びます・・・
交渉において大切なことの続きを読む⇒

 
独立開局する薬剤師のメリット 薬剤師としての働き方の選択肢に、独立開局するという方法があります。ここでは、独立開局する薬剤師のメリットについて、ご紹介します。独立して自分の薬局を持つことは魅力的で、独立すれば大きな年収アップが見込めます。もちろん初期投資として開業の資金は必要にはなりますが、調剤薬局勤務では年収は大きくは上がりません。 採算の目安は処方箋枚数1日30枚~40枚  まず、良い条件の開・・・
独立開局する薬剤師のメリットの続きを読む⇒