2014年12月26日にエーザイ株式会社(以下「エーザイ」)は、同日付でエーザイのプロトンポンプ阻害剤である「パリエット錠10mg」が承認を取得したことを発表しました。この承認は、「パリエット」が日本で新たに、低用量アスピリンを投与した際の胃潰瘍や十二指腸潰瘍の再発を抑制するという効能や効果について認められたものです。また、この承認取得と同時に、5mg錠を剤形追加することについても承認を得ています・・・
エーザイ「パリエット」低アスピリン投与時の効能効果 5mg錠の承認取得の続きを読む⇒

 
2014年12月24日に厚生労働省講堂にて、第288回中央社会保険医療協議会総会が開催され、「先進医療制度の運用について」の議題の下、先進医療に係る最先端医療迅速評価制度が承認されました。先進医療に係る最先端医療迅速評価制度は、2014年10月22日に開かれた第284回中医協総会において、その考え方の了承を得ているもので、具体的な運用方法については2014年11月と12月に開かれた先進医療会議にて・・・
中医協が最先端医療迅速評価制度を了承の続きを読む⇒

 
2014年12月22日にアストラゼネカ株式会社(以下「アストラゼネカ」)は、滋賀県米原市の包装工場を拡張し、現在急速に拡大しつつあるパイプライン化合物の生産量増加に対応することを発表しました。この工場拡張には、5,000万米ドル以上の投資を行なうことが予定されており、この工事は2015年3月に着工予定です。また、この拡張により延べ床面積は1万5,800平方メートル増える予定で、物流業務設備設置(マ・・・
アストラゼネカが滋賀工場の拡張、新薬の上市に向けの続きを読む⇒

 
2014年12月19日に富士フイルム株式会社(以下、「富士フィルム」)は、アメリカ合衆国テキサス州のケイロン・バイオセラピューティクス(以下「ケイロン社」)の買収を12月8日に完了していたことを発表しました。また、同日(12月8日)付でフジフイルム・ダイオシンス・バイオテクノロジーズ・テキサス(以下、「FDBT」)として始動させていたことも明らかにしました。ケイロン社は、ワクチン製造を強みとしてい・・・
富士フイルムがCMOのケイロン社買収完了、今後はFDBTとして始動の続きを読む⇒

 
2014年12月18日に武田薬品工業株式会社(以下「武田薬品」)は、CMSO(次期チーフ・メディカル&サイエンティフィック・オフィサー)及びコーポレート・オフィサーとしてアンドリュー・プランプ氏(以下「プランプ氏」)を迎えることを発表しました。この決定は、同日12月18日の武田薬品取締役会で承認されたもので、プランプ氏の着任は2015年2月1日からとなる見込みです。尚、プランプ氏は着任後は・・・
武田薬品の研究開発ヘッドが交代、サノフィ社出身のプランプ氏への続きを読む⇒

 
2014年12月17日に株式会社ジェイ・エム・エス(以下、「JMS社」)の代表取締役社長の奥窪宏章氏は、医療用レーザ血流計の販売を2015年1月から開始すると発表しました。この血流計はポケットサイズであることから、「ポケットLDF(Laser Doppler Flowmetry)」の名前で販売することが決まっており、世界最小・最軽量(2014年12月17日時点、パイオニア調べ)となっています。レー・・・
JMS社が医療用レーザ血流計販売開始を発表の続きを読む⇒

 
2014年12月16日に生化学工業株式会社は、役員の役職異動について発表し、発表当日の16日に開催された取締役会で今回の異動が決定したことも併せて発表しています。今回の異動では、これまで代表取締役社長と生産本部長を兼任していた水谷建氏が、生産本部長の席を譲り、代表取締役社長の役職一本に専念することとなりました。これに伴い、これまで常務執行役員で生産本部の生産技術部長と総務部長を兼任していた佐倉義幸・・・
生化学の水谷社長、代表取締役社長一本に専念の続きを読む⇒

 
2014年12月15日にヴィーブヘルスケア株式会社(以下「ヴィーブ社」)は、新規HIV治療薬を日本の厚生労働省に、HIV感染症の効果・効能で承認申請を行なったと発表しました。この新規治療薬は、アバカビル硫酸塩・ドルテグラビルナトリウム・ラミブジンの配合剤で、ヴィーブ社初の1日1回1錠タイプの製剤です。本剤に含まれているアバカビルとラミブジンは、ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬の成分であり、ドルテグラ・・・
ヴィーブ社が新規HIV治療薬を国内申請の続きを読む⇒

 
2014年12月12日に厚生労働省健康局結核感染症課は、2014年第49週(2014年12月1日~2014年12月7日)におけるインフルエンザの発生状況についてとりまとめたものを発表しました。発表によると、2014/2015年シーズンでは、2014年第42週(10月13日~10月19日)以降よりインフルエンザ報告数が増加の一途を辿っているとの事です。2014年第49週の報告数は17,192で、定点・・・
厚労省がインフル流行状況発表、岩手県が最多の続きを読む⇒

 
2014年12月11日に、帝人株式会社(以下「帝人」)と学校法人大阪医科大学(以下「大阪医大」)と、福井経編興業株式会社(以下「福井経編」)は、新しい心臓修復パッチの開発への共同着手を行なうことを発表しました。この開発は、経済産業省が2014年度の医工連携事業化推進事業として採択したもので、「自己組織に置換され、伸長する心臓修復パッチの開発」というプロジェクトとして動き出しています。この医工連携事・・・
帝人・大阪医大・福井経編、新規心臓修復パッチの共同開発に着手の続きを読む⇒

 
  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >