2015年2月26日に武田薬品工業株式会社(以下「武田薬品」)と大塚製薬株式会社(以下「大塚製薬」)は、酸関連疾患治療剤「タケキャブ錠」を日本国内で販売開始したことを発表しました。タケキャブ錠は、武田薬品が創製し、2014年3月末に武田薬品と大塚製薬との間で国内での共同プロモーションの契約締結が行なわれているものです。当契約において、両社は医療関係者に対して情報活動を行い、産関連疾患治療に係る医療・・・
武田薬品と大塚製薬が「タケキャブ」国内発売を発表の続きを読む⇒

 
2015年2月25日に中外製薬株式会社(以下「中外製薬」)は、BRAF阻害剤「ゼルボラフ(ベムラフェニブ-)」の販売を2月26日から開始することを発表しました。ゼルボラフは、2014年12月26日に「BRAF遺伝子変異を有する根治切除不能な悪性黒色腫」の効果・効能で製造販売の承認を得ており、2015年2月24日に薬価基準に収載されています。尚、ゼルボラフをBRAF遺伝子変異を有する根治切除不能な悪・・・
中外製薬がBRAF阻害剤「ゼルボラフ」発売を発表の続きを読む⇒

 
2015年02月24日に武田薬品工業株式会社(以下「武田薬品」)は、トルコ イスタンブールのNEUTEC(以下「ノイテック」)の子会社である、NEUTEC TOPLAM KALITE(以下「トップラム・カリティ」)を買収したことを発表しました。この買収は、武田薬品の100%子会社であるドイツの武田GmbHがトップラム・カリティの買収を行なったもので、ノイテックの代謝系・消化器系・筋骨格系疾患・呼吸・・・
武田がトルコ企業ノイテックの買収を発表、事業強化の目的の続きを読む⇒

 
2015年2月16日にメディカル・データ・ビジョン株式会社(以下「メディカル・データ・ビジョン」)は、自社が保有しているおよそ900万人分の医療データベースを基にした、OTC医薬品等のデータ分析サービスを開始したことを発表しました。メディカル・データ・ビジョンは、医療情報のネットワーク化に注力しており、当サービスでは、OTC医薬品をはじめとするヘルス&ビューティケア製品(以下「H&・・・
メディカル・データ・ビジョンがOTC医薬品データ分析サービスを開始の続きを読む⇒

 
2015年2月21日にそーせいグループ株式会社(以下「そーせい」)は、ロンドン現地時間2月20日付けで英国へプタレス・セラピュティクス(以下「へプタレス社」)の全株式を取得し、へプタレス社を連結子会社にしたことを発表しました。この買収は英国で開催された取締役会にて決議されたもので、既存の株主から普通株式21,213,303株を取得し、この対価として180百万米ドル、マイルストンまたはロイヤリティに・・・
そーせいが英へプタレス社を最大480億円で買収の続きを読む⇒

 
2015年2月19日にブリストル・マイヤーズ株式会社(以下「ブリストル・マイヤーズ」)とファイザー株式会社(以下「ファイザー」)は、新規経口抗凝固薬FXa阻害剤「エリキュース錠」(一般名「アピキサバン」)の効能の追加申請を、厚生労働省に対してブリストル・マイヤーズが行なったことを発表しました。「エリキュース錠」は、ブリストル・マイヤーズとファイザーの両社が共同でプロモーション活動を行なっているもの・・・
ブリストル・マイヤーズとファイザーが「エリキュース錠」の新適応について追加 申請の続きを読む⇒

 
2015年2月18日にデンマークのノボ ノルディスクファーマ株式会社(以下「ノボノルディスク」)は、スウェーデン・ストックホルムにあるカロリンスカ研究所と糖尿病領域において2月10日(デンマーク現地時間)に提携を行なったことを発表しました。この提携は、博士研究員向けの国際的なプログラムで、ノボノルディスクが全額出資を行います。12名の研究員の糖尿病および代謝の領域に関する研究に対して、3年間の研究・・・
ノボノルディスクがスウェーデンのカロリンスカ研究所との提携を発表の続きを読む⇒

 
2015年2月18日に第291回中央社会保険医療協議会総会が全国都市会館にて執り行われ、医薬品の薬価収載などについて議論がなされました。ここでは、他にも医療機器の保険適用、先進医療会議の検討結果報告、調査実施小委員会の報告、最近の医療費の動向などの議題についても取り上げられています。医薬品の薬価収載については、全部で14成分26品目の医薬品について薬価算定が行なわれました。この内、内用薬が5成分9・・・
中医協総会が新薬14成分26品目の薬価収載を了承の続きを読む⇒

 
2015年2月16日にエーザイ株式会社(以下「エーザイ」)は、米国における子会社のエーザイ・インクが抗てんかん剤「バンゼル」(一般名:ルフィナミド)の小児適応に関しての追加申請について、FDA(米国食品医薬品局)より承認されたことを発表しました。これまでのバンゼルの適応症は「4歳以上の小児および成人における、LGS(レノックス・ガストー症候群)に伴うてんかん発作の併用療法」でしたが、今回の承認によ・・・
エーザイの抗てんかん剤「バンゼル」がFDAより小児適応の承認取得の続きを読む⇒

 
2015年2月16日にエーザイ株式会社(以下「エーザイ」)は、米国における子会社のエーザイ・インクが自社創製した新規抗がん剤「レンビマ(一般名:レンバチニブ)」が、FDA(米国食品医薬品局)に承認されていたことを発表しました。この承認は、2月13日に行なわれたもので、優先審査終了目標日よりもおよそ2ヶ月速く、レンビマに関する世界初の承認でした。また、レンビマは「局所再発又は転移性、進行性、放射性ヨ・・・
エーザイのレンビマ、FDAより2ヶ月前倒しで承認受けるの続きを読む⇒

 
  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >