合併によるM&A

合併によるM&Aとは、どのようなものなのでしょうか。M&Aとは、「Margera and Acquisitions」の略です。前者は「合併」、後者は「買収」という意味で、ようは吸収合併、買収合併という意味で、「企業の合併・買収」となります。また、語尾にsのない表記は誤りです。一般に「M&A」という言葉を用いる場合には、企業全体の合併・買収、売却だけではなく、ある一部門、一部事業の譲渡や、資本提携(100%ではない株の取得、持ち合い)なども含めた、広い意味での「企業提携」のことを総称しています。M&Aにはさまざまな形態があります。中小企業でよく見られるのは4つの形態「株式譲渡」「合併」「事業譲渡」「新株引受」があります。「株式譲渡」とは、売り手企業が既存の発行済株式を譲渡することによって、会社の経営権を買い手に譲り渡すことです。合併と異なり、会社の株主がかわるだけですから、売り手の会社自体はそのまま存続します。「事業譲渡」とは、企業が行っている事業そのものを、買い手に譲渡する方法です。一部門だけの譲渡も、すべての事業を譲渡することも、どちらも可能です。 「合併」とは、複数の会社が合併して1つの会社になることです。たとえば、同じ業種間の企業間で、規模の大きいA社が規模の小さいB社を吸収して1つ企業となるようなケースです。「新株引受」とは、その名の通り、売り手企業が新株を発行し、それを買い手企業が引き受け、大株主となることで経営権を取得します。 調剤薬局とは、医師の処方せんに基づき、薬剤師が調剤し、患者様にお渡しする薬局のことを指します。安全に、安心して服用できるようにお薬についての飲み方や使い方を説明したり、相談に応じることを主な仕事としています。以前は、お薬も病院や診療所内で調剤してお渡ししていましたが、現在では、病院や診療所では処方せんを発行し、調剤は薬局で行うのが主流となりました。
111